BLOG

外壁塗装の現地調査は何のために行われるのか

2023/09/08

外壁塗装を行う前には、現地調査が行われます。
この現地調査は何のために、どのようなことを行うのでしょうか。
この記事では、外壁塗装を依頼する場合の現地調査について解説いたします。
▼外壁塗装の現地調査は何のために行われるのか
■劣化状況の確認
外壁塗装の現地調査の理由の1つは、劣化状況の確認です。
実際の状況を把握すれば、最適な塗料を選択できます。
また、ひび割れ・コケの付き具合・外壁の汚れなどのチェックも行います。
劣化状況によっては補修が必要になるため、現地調査は欠かせません。
■建物周辺状況の確認
現地調査によって、建物周辺の状況を確認します。
例えば足場を組める立地であるか、工事車両の停車は可能かなどです。
安全に工事を進めるためには、現場の状況を把握しておかなければなりません。
■塗装面積の正確な算出のため
すでに図面があれば、図面から塗装面積を算出できます。
しかし建物にはさまざまな形状があるため、正しく算出するために実測しなければなりません。
正確な塗料の量やスケジュール組みのために、現地調査を行うのです。
▼まとめ
外壁塗装の現地調査は、正確に状況を把握するために行われます。
外壁の劣化・周辺の状況の確認や、塗装面積を正確に算出するためなどが目的です。
当社はお客様にご納得いただくために、塗装工事を行う前に現地調査を実施しております。
富山で外壁塗装をご検討中の方は、当社をご利用ください。